トラベルギター/ミニギター/折りたたみギターをとことん楽しむ(第1話)

最終更新: 2020年4月10日


旅するミュージシャン横沢ローラ (旅してないでお家)、ですよ! コロナと一緒に旅は勘弁だもんなあ。


もう全部いったんライブもなくなり、お家にはまってさぁ大変。 いっぱいブログを書きます。折りたたみギターについては第2話から。

さて、トラベルギター。折りたたみギターってなんぞや!!


なんかアメリカとかの大自然でキャンプファイヤを囲み、酔っ払ったニイちゃんが

「んじゃ、そろそろ」って、

昼間は灼熱の車に放置してたトラベルギターを曖昧なチューニングのまま「スタンドバイミー」あたり弾き始める。

そんなときのギター...。


ってイメージないですか?

いや、スタンドバイミーもキャンプファイアも大好きだけど私が検討してるギターはだいたい10万前後で、安くないし灼熱の車に放置しない程度には大切に扱います! でも旅先では、倒すし、子供も遊ぶし、それでいい。 ちなみに、37都道府県、全3〜400本のライブを一緒にまわっているこのミニギター(Baby Taylor)は、当時3歳の大先生「こっちゃん」によるアートです。

広島の志和掘にて。

ときに。私の優先度は


利便性 > 価格 > 音質


です。あれ?音質重要視しないミュージシャンているっけ?笑 でもこれらのバランスが大事...。

利便性、価格、音質については第2話以降で詳しく書きます。 音がね。いいんですよ、十分!

私の周りの凄腕本職ギタリスト達も「十分」と口を揃えて言います。

ミニギターやトラベルギターはサイズが小さいから、生で弾くと「太くてあったかい音」というよりは、ジャリっとして軽めという感じはするのだけど、私は基本的にアンプとマイク使うし、生音、生声でのライブはほぼ引き受けていないので今のところ問題ないのです。 自分の部屋とか、3〜4人の人の前で屋内で弾くには生でもジャリっとすら思わない。 当然お客さんはまっっったく思っていないはず。


あったかくて優しい音!って思ってくれてるはず。どう? (各地でライブ聞いてくれるみんな