top of page

百鬼夜行 - Night parade of a hundred demons - 歌詞


作曲:工藤拓人

作詞:横沢ローラ


さぁさ お祭りだ 隠れてないで 出ておいで

ぼやっとしているとおいてけぼり 列をなせ

今宵 久しぶりに集まった懐かしい 顔ぶれ

天邪鬼、海坊主、雨女、山男、勢ぞろい

ちょうちん持って、笛吹いて、太鼓をならせ!

夜が明けるまで 皆がひとつになるまで

今宵 久しぶりに あの人に会いにゆけるから


日の出ずる国から

やおよろずの もののけ達よ進め、歌え、踊れ 想いはひとつに

いつくしみ深き ふるさと 青き大和 守り暮らすために


ちょっとひと休み  お伊勢さんにお参りしてこ

雪女がシャンソン、ろくろっくび、ロックでシャウトすれば

ポンポンポンポン!って 豆狸 踊りだし、宴の始まり

手をたたく、こなき爺、あきれてる、砂かけ婆、気づけば

ヤマタノオロチ 酔いすぎて3匹寝てる

アクロバットなダンス 絡まってるいったんもめんと

タスケテ!って カラッカラになったお皿を指差してるカッパたち


丑三つどき越えて

やおよろずのもののけ達よ進め、歌え、踊れ 今宵、百鬼夜行

いつくしみ深き ふるさと 青き大和 守り 暮らしたい

やおよろずのもののけ達よ進め、歌え、踊れ 今宵、百鬼夜行

いつくしみ深き ふるさと 青き大和 守り ずっと暮らそう


一寸先 つつむ闇に 呑まれぬよに

大事なもの なくさぬよに おまじないを

「カタシハヤ、エカセニクリニ、タメルサケ、テエヒ、アシエヒ

ワレ、シコニケリ」


やおよろずのもののけ達よ進め、歌え、踊れ 今宵、百鬼夜行

いつくしみ深き ふるさと青き大和 守り ずっと 暮らすために

やおよろずのもののけ達よ進め、歌え、踊れ 今宵、百鬼夜行

いつくしみ深き ふるさと青き大和 守り ずっと 暮らそう

閲覧数:57回0件のコメント

最新記事

すべて表示

物語の終わり - That's how story ends - Lyrics (conte de fées 宮沢賢治「注文の多い料理店」から)

Music by Hitomi* Lyrics by Laura Yokozawa conte de fées vol.4 「注文の多い料理店」公演のために書き下ろした最後の曲です。 岩手、盛岡出身の父を持つ私は、宮沢賢治さんの本を小さな頃によく読んでいました。 そのころの私(小学1-3年生)にとっては「注文の多い料理店」は怖いお話ではなくて、「風がどうと吹く」「木がごとんごとん」なるという風景や

Comments


bottom of page