シロツメクサとカエル - Clover & Frog - 歌詞

1st EP “Clover and Frog” [1stミニアルバム シロツメクサとカエル]  Music & Lyric : Laura Yokozawa

Cello: Ayumi Hashimoto 
Producer, Arrangement: Yuki Kanesaka

(1st EP “Clover and Frog” [1stミニアルバム シロツメクサとカエル])

探してるのは幸せの四つ葉 それは十万分の一の出会い 願いかなえるためにここに来るよ 願いかなえるためにここに来るよ くるひもくるひもそのカエルは シロツメクサの咲く野原にやってきた 季節の変わり目の冷たい雨が 野原を水びたしにした日も カエルはそばに来て 季節外れの雪からつぼみを守り 春一番の風が運ぶ土ぼこりはらって- -歌う   探してるのは幸せの四つ葉   それは十万分の一の出会い   願いかなえるためにここに来るよ   願いかなえるためにここに来るよ シロツメクサは眠れないまま 春の朝日の中まるい花をつけた そしてうつむいたまま カエルに言った 探し物はここにはないわ カエルは首をふり 前を見つめ直し言った もう見つけたんだ 君とずっと一緒にいられることが僕の願いだから 見つけたのは君との出会い   それは百万分の一の奇跡   願いかなえるためにここにいるよ 願いかなえるためにここにいるよ 夏が過ぎて 秋が過ぎれば 寒い冬がやってくる 会えることを信じつづけ 長い眠り覚める次の春   探してるのは君との出会い   それは百万分の一の奇跡   願いかなえるためにここに来るよ   君に会うためにここに来るよ   また会えると信じて居たいから …くるひもくるひもそのカエルは シロツメクサの咲く野原にやってきた……

最新記事

すべて表示

どんぐり山の天下 歌詞

どんぐり山の天下 トントン  「だあれ?」 「怪しくは ありませぬ」 「何者か 名乗れ」 「そもそも 名前がない」 トントン 「..だあれ?」 「怪しくは ありませぬ」 「とりあえず 名乗れ」 「そもそも 一人じゃない」 我ら選ばれしどんぐり こんじきにかがやく頭に赤い袴の

水は 歌詞

夜明けの空 朝焼け 溶け合う海 水平線 蜃気楼 暁色に境なく 育んで 葬ることも 分け隔てなく 形のないもの 霧となって雲となって 雨となってめぐるめぐる 川となって海にたどりつくまで 争い奪いあう 見えない線を引く海 憎しみも 怒りもやがて

© laurayokozawa all rights reserved

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • YouTube
  • LINE_APP_CMYK_20190219