top of page

物語の終わり - That's how story ends - Lyrics (conte de fées 宮沢賢治「注文の多い料理店」から)


Music by Hitomi*

Lyrics by Laura Yokozawa

conte de fées vol.4 「注文の多い料理店」公演のために書き下ろした最後の曲です。 岩手、盛岡出身の父を持つ私は、宮沢賢治さんの本を小さな頃によく読んでいました。

そのころの私(小学1-3年生)にとっては「注文の多い料理店」は怖いお話ではなくて、「風がどうと吹く」「木がごとんごとん」なるという風景や、白い熊みたいな犬たちを鮮明に想像しては、自分が風景や登場人物の一部になっていたような気がします。


宮沢賢治さんがこの物語にたいして宮沢賢治「注文の多い料理店」序 というのを残されていることは、今回の公演に際して、この曲の歌詞を書くときに見つけました。日をおいて何度見ても涙がでてしまう、大好きな文です。

ほんとうに、そのとおり、わたしたちもまた同じことをねがってやみません。

(日本語訳は下にあります)


That’s how story ends

If you like or not

What you feel depends

And we’ll just go on


Some may hate the cats

Some blame the men

The dogs sure save the last

Believe them till the end


A song, a sketch, a tale

They’re the treasure map on your way

物語 描いていこう


So we gather for a wonderful feast 

Make your best orders

Even though you open doors just to find

All in delusion

So we see, so we color the world
with our own pallets

Open the next door

So we are all, we are longning for life

I don’t know how my song effects

I hope this piece at last fullfills

However my story ends ..



So we gather for a wonderful feast 

Make your best orders

Even though you open doors just to find

All in delusion


So we see, so we capture the world
with our own frames

Open the next door

So we are all ,we are longing for life

I don’t know how my song effects

I hope this piece at last fullfills

However my story ends

with you



That’s how my story ends

If you like or not

Next one will depends

On you, I’ll pass it on


日本語訳---by 横沢ローラ


こうして物語はおしまいとなります

すきかきらいかはわからないのです

どんなふうに感じるかあなたしだい

そうやってわたしたちは進んでいくのです


猫が嫌いなひともいるでしょう

人間を責めるひともいるでしょう

だいたい犬が最後を救うものです

おしまいまで信じてみましょう


うた、スケッチ、物語は

あなたがゆく道の宝の地図になることでしょう

「物語 描いていこう」


そう 私たちは素晴らしい食卓を囲み

最高の注文を決めるのです

ドアをいくつか開いた先にたどりついたのが

すべて幻想だったとしても

そう 私たちは見て 世界を色づける

自分のパレットで

次のドアを開けましょう


そう

私たちはみんな

私たちはみんな 

生きていくことを望んでいます

この曲が なにかのためになるかはわからないのです

このものがたりの幾きれかが、おしまい、あなたを

満たしてくれることをどんなにねがうかわかりません

この物語がどんなふうに終わったとしても


そう 私たちは素晴らしい食卓を囲み

最高の注文を決めるのです

ドアをいくつか開いた先にたどりついたのが

すべて幻想だったとしても


そう 私たちは見て 世界を切り取るのです

自分のパレットで

次のドアを開けましょう


そう

私たちはみんな

私たちはみんな 

生きていくことを望んでいます

この曲が なにかのためになるかはわからないのです

このものがたりの幾きれかが、おしまい、あなたを

満たしてくれることをどんなにねがうかわかりません

この物語がどんなふうに終わったとしても


こうして私の物語はおしまいとなります

すきかきらいかはわからないのです

次の物語がどうなっていくかは

あなたにわたします


------


閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page