ガラスの森 - Glass Forest - 歌詞

(くじらの箱舟 未リリース曲)

作詞&作曲: 横沢ローラ


あわせた鏡のどうしても見えない先に とじこめた過去も 未来も しまってあるから ガラスの世界に足を踏み入れればきっと 思い出すはず あの日のいろんな想いを 海の風がとどく ガラスの森に やわらかな歌ごえ 響きわたる さあここへおいで 初めてなのに 懐かしい気持ち 木漏れ日と噴水 プリズムが光る ここからはじまる 虹の橋を わたってごらん 大切な人とつながっているよ あの日海からの便りを受けとってから 深い君の瞳の中 見える色を知ってた 降りつづく雨が悲しみを運んできても きらめくガラスの光が君をまもるから 木漏れ日と噴水 プリズムがゆれる ここからはじまる 虹の橋を わたってごらん 大切な人とつながっているよ 海の風がとどく ガラスの森に やわらかな歌ごえ ひびきわたる さあここへおいで 初めてなのに 懐かしい気持ち

6回の閲覧

最新記事

すべて表示

どんぐり山の天下 歌詞

どんぐり山の天下 トントン  「だあれ?」 「怪しくは ありませぬ」 「何者か 名乗れ」 「そもそも 名前がない」 トントン 「..だあれ?」 「怪しくは ありませぬ」 「とりあえず 名乗れ」 「そもそも 一人じゃない」 我ら選ばれしどんぐり こんじきにかがやく頭に赤い袴の

水は 歌詞

夜明けの空 朝焼け 溶け合う海 水平線 蜃気楼 暁色に境なく 育んで 葬ることも 分け隔てなく 形のないもの 霧となって雲となって 雨となってめぐるめぐる 川となって海にたどりつくまで 争い奪いあう 見えない線を引く海 憎しみも 怒りもやがて

© laurayokozawa all rights reserved

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • YouTube
  • LINE_APP_CMYK_20190219