top of page

ガラスの森 - Glass Forest - 歌詞

(くじらの箱舟 未リリース曲)

作詞&作曲: 横沢ローラ


あわせた鏡のどうしても見えない先に とじこめた過去も 未来も しまってあるから ガラスの世界に足を踏み入れればきっと 思い出すはず あの日のいろんな想いを 海の風がとどく ガラスの森に やわらかな歌ごえ 響きわたる さあここへおいで 初めてなのに 懐かしい気持ち 木漏れ日と噴水 プリズムが光る ここからはじまる 虹の橋を わたってごらん 大切な人とつながっているよ あの日海からの便りを受けとってから 深い君の瞳の中 見える色を知ってた 降りつづく雨が悲しみを運んできても きらめくガラスの光が君をまもるから 木漏れ日と噴水 プリズムがゆれる ここからはじまる 虹の橋を わたってごらん 大切な人とつながっているよ 海の風がとどく ガラスの森に やわらかな歌ごえ ひびきわたる さあここへおいで 初めてなのに 懐かしい気持ち

閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示

物語の終わり - That's how story ends - Lyrics (conte de fées 宮沢賢治「注文の多い料理店」から)

Music by Hitomi* Lyrics by Laura Yokozawa conte de fées vol.4 「注文の多い料理店」公演のために書き下ろした最後の曲です。 岩手、盛岡出身の父を持つ私は、宮沢賢治さんの本を小さな頃によく読んでいました。 そのころの私(小学1-3年生)にとっては「注文の多い料理店」は怖いお話ではなくて、「風がどうと吹く」「木がごとんごとん」なるという風景や

Comments


bottom of page