笠なし笠地蔵 歌詞

Kasanashi Kasajizo

作詞:横沢ローラ

作曲:工藤拓人


山神に なにが 起きたというのだ

ククノチが死んだ そんなはずはない

どこどこどってこ キノコの楽団

騒ぎ立てる

ほこらが壊れた、それは大ごとだ

しめなわも切れた?今すぐになおせ

かぷかぷ、かぷかぷ 誰かがわらった

不謹慎な

皆の衆 集まれ 不吉な予感だ

よそ者、くせ者 しのびこんだようす

我らの大事な笠と前掛けも消えた

誰にも漏らすな

大事件になるぞ

笠無し笠地蔵!!

笠がなければ笠無し笠地蔵

どこにでもいる地蔵

ジサマがくれた笠を見つけるべし

世間が騒ぐ前に

ほおかむりで変装だ

六地蔵

たすイチ

どうする?

雪がしんしん積もり

久しく誰も来ない

地蔵は何のために

ここにあり続けるのか     

誰かを救うことができるならば    

なにに祈り続ければよいでしょう

そんなある年の瀬に

人の優しさを知る

変わりゆく時の中 

変わりつづけていたい

自分が何者かはもう問わない

七番目の地蔵 山神を探しに出た

「大変だ!七番目がいない

笠無し騒ぎどころじゃない

山神さまを見つけなきゃ!」 

明日も明日とて

みなが拝みに来る

笠地蔵は大賑わい


笠がなくとももともと七地蔵

一人だけ多い地蔵


笠は凍える誰かのためにあれ

あの雪の日のように

無くして

初めて

気づいた

笠より

何より

暖かいものに

最新記事

すべて表示

どんぐり山の天下 歌詞

どんぐり山の天下 トントン  「だあれ?」 「怪しくは ありませぬ」 「何者か 名乗れ」 「そもそも 名前がない」 トントン 「..だあれ?」 「怪しくは ありませぬ」 「とりあえず 名乗れ」 「そもそも 一人じゃない」 我ら選ばれしどんぐり こんじきにかがやく頭に赤い袴の

水は 歌詞

夜明けの空 朝焼け 溶け合う海 水平線 蜃気楼 暁色に境なく 育んで 葬ることも 分け隔てなく 形のないもの 霧となって雲となって 雨となってめぐるめぐる 川となって海にたどりつくまで 争い奪いあう 見えない線を引く海 憎しみも 怒りもやがて

© laurayokozawa all rights reserved

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • YouTube
  • LINE_APP_CMYK_20190219