夢と昔の話 歌詞

作詞作曲 : 横沢ローラ


あなたと話してみたかった

これまでのことこれからのこと

信じてもらえない日もあるだろう

だけど今は大事じゃないんだ

順序なんて さかさまでもいい


今日も君は夢の話

そんなの誰も聞きたがらない

見たことのない空の楽園と

色とりどりの花と空想の鳥

湖に大雨が降ると

次の日は諍いが起きるという


涙ためてる君の瞳

いさかいなんて止められやしない。

せめてそんなに悲しい夜ぐらい

そばによりそっていられたら


今日も僕は昔話

そんなの誰も聞きたがらない

豊かな者はいつも強い

貧しいものは隅っこで暮らす


二人はいつもたとえ話

今が嫌だってわけじゃないけど

僕が光から生まれたっていうと

君は水にいつか帰ると言う

仲間がいつか消えたというと

今は隠れてるだけだと君が言う


大地は動き 時はながれ

僕は名前なんて覚えてない

昔いた場所は高くて戻れない

だけどそんなの大事じゃないんだ

記憶なんて曖昧でも いい


あなたと話しがしたかった

これまでのことこれからのこと

信じてもらえない日は待てばいい

二人のすべて

嘘も含めて

受け入れられると思うから

3回の閲覧

最新記事

すべて表示

どんぐり山の天下 歌詞

どんぐり山の天下 トントン  「だあれ?」 「怪しくは ありませぬ」 「何者か 名乗れ」 「そもそも 名前がない」 トントン 「..だあれ?」 「怪しくは ありませぬ」 「とりあえず 名乗れ」 「そもそも 一人じゃない」 我ら選ばれしどんぐり こんじきにかがやく頭に赤い袴の

水は 歌詞

夜明けの空 朝焼け 溶け合う海 水平線 蜃気楼 暁色に境なく 育んで 葬ることも 分け隔てなく 形のないもの 霧となって雲となって 雨となってめぐるめぐる 川となって海にたどりつくまで 争い奪いあう 見えない線を引く海 憎しみも 怒りもやがて

© laurayokozawa all rights reserved

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • YouTube
  • LINE_APP_CMYK_20190219