犬のいびき- Snoring Dog -  歌詞

1st EP “Clover and Frog” [1stミニアルバム シロツメクサとカエル]

Music & Lyric : Laura Yokozawa

Guitar: Masato Itoh Drums: Takuma Anzai Keyboard & Produced: Yuki Kanesaka

Arranged by Yuki Kanesaka


あたしは待つ女じゃないもんね って思って携帯ちょっと遠くにおいて どうでもいい調べものにいそしみつつも 集中力ゼロ。 だけどそろそろ いいかげんそろそろ ちょっと連絡くれても いいじゃない? って思ったら、ほら! ちょうどそんな時 携帯がなった! って思ったら あーあ。犬のいびきだった。 オンナはこっそりダイエット。 って思って目標の服を買ってみた ケーキとチョコレートおあずけ 腹筋に腕立て。 だけどそろそろ いいかげんそろそろ ちょっと気づいてくれても いいじゃない? って思ってたあたしの うしろから 「少し痩せたよね」って! ...声にふりむけば あーあ 犬のほう見てた。 ちょっと期待しすぎて からまわって ガッカリ、の連続だよ 部屋でくつろぐあなたは無邪気なだけ? もはや悪者に思えます。 YO! YO! 犬っころ、君のヤキモチはわかるが ここで君に言っとく、あっちいっとき。 ここで、ついでに男性に言っとく 思わせぶり、禁止…。 いつのまにか疲れてうとうと そっと毛布かけてくれたみたい ふと背中にあなたのぬくもり ゆっくり手をさしのべる そこにあったのは まるくなってる 犬のお尻だった。

最新記事

すべて表示

どんぐり山の天下 歌詞

どんぐり山の天下 トントン  「だあれ?」 「怪しくは ありませぬ」 「何者か 名乗れ」 「そもそも 名前がない」 トントン 「..だあれ?」 「怪しくは ありませぬ」 「とりあえず 名乗れ」 「そもそも 一人じゃない」 我ら選ばれしどんぐり こんじきにかがやく頭に赤い袴の

水は 歌詞

夜明けの空 朝焼け 溶け合う海 水平線 蜃気楼 暁色に境なく 育んで 葬ることも 分け隔てなく 形のないもの 霧となって雲となって 雨となってめぐるめぐる 川となって海にたどりつくまで 争い奪いあう 見えない線を引く海 憎しみも 怒りもやがて

© laurayokozawa all rights reserved

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • YouTube
  • LINE_APP_CMYK_20190219