なみだいし 歌詞

最終更新: 8月12日


作詞作曲:横沢ローラ


あなたに秘密のプレゼント

ガラス瓶いっぱいの光る石

内緒よとミャコおばさんはそっと

使い方を教えてくれました

悲しくてどうしようもないとき

ひとつぶこの瓶からとりだして

悲しみよとんでけ、っておまじない

背中越しに遠くなげてごらん


なみだいし そう呼ばれてる

この石の決まりごとはね

投げる時は目をつぶること

そして決して探しにいかないこと


本当にがまんできない時

涙が止まらなくて苦しい時

心がとまってしまうくらいなら

逃げ出すことも大切よ


みんなと同じじゃつまんないでしょ?

と自分を探し続け道に迷う

そのままでいいよっていわれても

そのままでいたらひとりになった


なみだいしの瓶は小さく

わたしの悲しみは大きく

このままじゃ夏が来る前に

全部投げ切ってしまいそうだった


でもねある日神様が

おばさんを連れていった

幼い二人の子供と

わたしたちを置いて


こんな日のためのなみだいし

探してもなぜか見つからない

ミャコおばさんもっていっちゃったの?


本当に我慢できないとき

涙が止まらなくて苦しい時

心が止まってしまうくらいなら

逃げ出すことが できるようになったの


あの時 しまったなみだいし

もし出てきたら誰かにあげよう

泣き虫だったわたしがいつか

一人で涙をとめられるようになったから

9回の閲覧

最新記事

すべて表示

どんぐり山の天下 歌詞

どんぐり山の天下 トントン  「だあれ?」 「怪しくは ありませぬ」 「何者か 名乗れ」 「そもそも 名前がない」 トントン 「..だあれ?」 「怪しくは ありませぬ」 「とりあえず 名乗れ」 「そもそも 一人じゃない」 我ら選ばれしどんぐり こんじきにかがやく頭に赤い袴の

水は 歌詞

夜明けの空 朝焼け 溶け合う海 水平線 蜃気楼 暁色に境なく 育んで 葬ることも 分け隔てなく 形のないもの 霧となって雲となって 雨となってめぐるめぐる 川となって海にたどりつくまで 争い奪いあう 見えない線を引く海 憎しみも 怒りもやがて

© laurayokozawa all rights reserved

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • YouTube
  • LINE_APP_CMYK_20190219