砂の巨人 歌詞

作詞作曲:横沢ローラ


もうどのくらいたったんだろう

景色の一部になった

心も 固まって

石になるその日まで

じっとじっとただ、ただ、生きていた


その声を聞いた時

何かくずれていった

閉じ込めていたものが

溢れ出してしまった

もっともっと、素直にいたかった

どうして涙も出ないんだろう


ああ こんなにもこんなにも

ただ、あなたを喜ばせたいのはなぜ

ああこんな気持ちになれること

知らずに生きていた


ひきかえすことなんて

何度も考えた

何がただしいかなんて

誰がきめるのだろう

たった、たった、一度の命なら

きっときっともうじき、時がくる


ああそれでもそれでも

ただ、あなたを喜ばせたいのはなぜ

ああこんな気持ちになれること

気がついてしまった


物語なら どこに 僕はいるの?

消えてしまうなら いま 斬られたほうがいい

ラストシーンに 残るなら いっそ主人公がいい

あなたを守り通してハッピーエンドに。

あなたを導きたい ハッピーエンドに。

あなたは誰にも優しいの?


ああ そんなふうにそんなふうにいま

僕に名前を、生きている価値を

ああ あなたが与えてくれた

幸せはここにいる


ああ、こんなにもこんなにもいま

あなたの笑顔を見たいのはなぜ

ああそれすらかなわなくても

幸せはここにいる

ラストシーンは見ないまま

21回の閲覧

最新記事

すべて表示

どんぐり山の天下 歌詞

どんぐり山の天下 トントン  「だあれ?」 「怪しくは ありませぬ」 「何者か 名乗れ」 「そもそも 名前がない」 トントン 「..だあれ?」 「怪しくは ありませぬ」 「とりあえず 名乗れ」 「そもそも 一人じゃない」 我ら選ばれしどんぐり こんじきにかがやく頭に赤い袴の

水は 歌詞

夜明けの空 朝焼け 溶け合う海 水平線 蜃気楼 暁色に境なく 育んで 葬ることも 分け隔てなく 形のないもの 霧となって雲となって 雨となってめぐるめぐる 川となって海にたどりつくまで 争い奪いあう 見えない線を引く海 憎しみも 怒りもやがて

© laurayokozawa all rights reserved

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • YouTube
  • LINE_APP_CMYK_20190219