top of page

砂の巨人 歌詞

作詞作曲:横沢ローラ


もうどのくらいたったんだろう

景色の一部になった

心も 固まって

石になるその日まで

じっとじっとただ、ただ、生きていた


その声を聞いた時

何かくずれていった

閉じ込めていたものが

溢れ出してしまった

もっともっと、素直にいたかった

どうして涙も出ないんだろう


ああ こんなにもこんなにも

ただ、あなたを喜ばせたいのはなぜ

ああこんな気持ちになれること

知らずに生きていた


ひきかえすことなんて

何度も考えた

何がただしいかなんて

誰がきめるのだろう

たった、たった、一度の命なら

きっときっともうじき、時がくる


ああそれでもそれでも

ただ、あなたを喜ばせたいのはなぜ

ああこんな気持ちになれること

気がついてしまった


物語なら どこに 僕はいるの?

消えてしまうなら いま 斬られたほうがいい

ラストシーンに 残るなら いっそ主人公がいい

あなたを守り通してハッピーエンドに。

あなたを導きたい ハッピーエンドに。

あなたは誰にも優しいの?


ああ そんなふうにそんなふうにいま

僕に名前を、生きている価値を

ああ あなたが与えてくれた

幸せはここにいる


ああ、こんなにもこんなにもいま

あなたの笑顔を見たいのはなぜ

ああそれすらかなわなくても

幸せはここにいる

ラストシーンは見ないまま

閲覧数:44回0件のコメント

最新記事

すべて表示

物語の終わり - That's how story ends - Lyrics (conte de fées 宮沢賢治「注文の多い料理店」から)

Music by Hitomi* Lyrics by Laura Yokozawa conte de fées vol.4 「注文の多い料理店」公演のために書き下ろした最後の曲です。 岩手、盛岡出身の父を持つ私は、宮沢賢治さんの本を小さな頃によく読んでいました。 そのころの私(小学1-3年生)にとっては「注文の多い料理店」は怖いお話ではなくて、「風がどうと吹く」「木がごとんごとん」なるという風景や

Comments


bottom of page