ひねくれ猫のたわごと - Twisted Cat -  歌詞

最終更新: 3月10日

(2nd EP “Twisted Cat” [2ndミニアルバム ひねくれ猫のたわごと]リリース曲) Words,Music:Laura Yokozawa Guitar:Yuto Kanazawa Bass: Sam Wuk Drums :Jun yang Produced by Yuki Kanesaka



重なり合った 家具の山 寒さしのぐ 破れたカウチ 今のあたしに おあつらえむきの城 ネオンで月がかすむ 眠れない夜ふけは  スキの無い 身づくろいで とことんひねくれて 街に出る 今日の爪もキマってるでしょ ※愛をからだいっぱいに受けて 居心地のいいリビングにいた 未来は誰も読めない 過去は振り返らない 戻らないものは追わない 読みかけの本を照らす ミルクティーのような光 シチューの香りと あなたの肌のぬくもり 優しくなでられて mmm… meow じゃれあって遊び疲れて一緒に眠りにおちる こんな日々がずっと続くと思っていた ※Repeat 夜中と夜明けの隙間 滑り込むのは もうすぐあの人が帰ってくる気配 気のせいって気づけない ひねくれ猫のたわごと 重なり合った家具の山 雨に濡れる 破れたカウチ それぞれに 語り尽くせない 話があるみたい 今のあたしと あんまりかわらないじゃない? 愛をからだいっぱいに受けて 居心地のいいリビングにいた 未来は誰も読めない 過去は振り返らない 戻らないものは追わない

最新記事

すべて表示

どんぐり山の天下 歌詞

どんぐり山の天下 トントン  「だあれ?」 「怪しくは ありませぬ」 「何者か 名乗れ」 「そもそも 名前がない」 トントン 「..だあれ?」 「怪しくは ありませぬ」 「とりあえず 名乗れ」 「そもそも 一人じゃない」 我ら選ばれしどんぐり こんじきにかがやく頭に赤い袴の

水は 歌詞

夜明けの空 朝焼け 溶け合う海 水平線 蜃気楼 暁色に境なく 育んで 葬ることも 分け隔てなく 形のないもの 霧となって雲となって 雨となってめぐるめぐる 川となって海にたどりつくまで 争い奪いあう 見えない線を引く海 憎しみも 怒りもやがて

© laurayokozawa all rights reserved

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • YouTube
  • LINE_APP_CMYK_20190219