傘の下 - Under the umbrella - 歌詞

1st EP “Clover and Frog” [1stミニアルバム シロツメクサとカエル] 


Music & Lyric : Laura Yokozawa Arranged by Yuki Kanesaka

一緒に買った傘 あなたは青で私は水玉 つきあいたては ひとつの傘もいいけれど ぬれているあなたの右肩 ずっと気になっていたから 今度の日曜日も雨だったら 手をつないで美術館まで散歩したいな 傘の下は二人の世界 すれちがう人も気づかない 雨の音にさえぎられ ちょっと秘密の会話して ずっと一緒に歩いていたら 二人の心もっと近づく気がして 雨で目覚めた コーヒーの香り 残ってた ぼんやり窓越し 眺めていたら 遠くにあなたの傘が見えた ゆらゆら揺れてる青い傘と 寄り添う淡いピンクの傘は 窓の下でふたつ重なると 一つは花が散るように離れていった 傘の下は二人の世界 すれちがう人も気づかない 雨の音にさえぎられ ちょっと秘密の会話して ずっと一緒に歩いていたら 二人の心もっと近づく気がして 閉じた水玉の傘の下に 涙みたいな水たまり 心はとまったままなのに 頭の中がとまらないの 傘の下は二人の世界 すれちがう人も気づかない 雨の音にさえぎられ ちょっと秘密の会話して ずっと一緒に歩いていたら 二人の心もっと近づきそう 傘の下は二人の世界 すれちがう人も気づかない 雨の音にさえぎられ ちょっと秘密の会話して ずっと一緒に歩いていたら 二人の心もっと近づく気がして

最新記事

すべて表示

どんぐり山の天下 歌詞

どんぐり山の天下 トントン  「だあれ?」 「怪しくは ありませぬ」 「何者か 名乗れ」 「そもそも 名前がない」 トントン 「..だあれ?」 「怪しくは ありませぬ」 「とりあえず 名乗れ」 「そもそも 一人じゃない」 我ら選ばれしどんぐり こんじきにかがやく頭に赤い袴の

水は 歌詞

夜明けの空 朝焼け 溶け合う海 水平線 蜃気楼 暁色に境なく 育んで 葬ることも 分け隔てなく 形のないもの 霧となって雲となって 雨となってめぐるめぐる 川となって海にたどりつくまで 争い奪いあう 見えない線を引く海 憎しみも 怒りもやがて

© laurayokozawa all rights reserved

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • YouTube
  • LINE_APP_CMYK_20190219