top of page

飛び出す絵本CD「ひねくれ猫のたわごと」(The Twisted Cat)

更新日:2020年3月29日


monologのYuki Kanesakaがミュージックプロデュースしたミニアルバム2枚目も、ボストンの国際色ゆたかなミュージシャン達が参加する。タイトル曲の「ひねくれ猫のたわごと」は、 高層ビルが立ち並ぶ煌びやかな都会の片隅で、捨てられた家具達と生活をともにするある一匹の猫のストーリー。 昔のジャズスウィングのサウンドに合わせて、アナログレコード風のCD盤と歌詞カード、組み立てると「蓄音機」になる立体組み立てジャケットがふろく。


2nd Mini Album (2012) CDを購入

~Songs that tells little stories II~ Music Directed, recorded, produced by Yuki Kanesaka


1.Chiquita La Mosquita – チキータ姫のご乱心 2.ひねくれ猫のたわごと – The Twisted Cat 3.こんなテンション – Procrastination 4.しゃべりすぎ – Listen

5. Bonus Track そういうふうにできている – That’s How It Goes

アコースティックバンドバージョン 6. Bonus Movie そういうふうにできている

アコースティックギターとのデュオバージョン(Rough Recording)と手書きイラストの映像


飛び出す絵本CDのこだわりポイント!

  • 本CDのパッケージの一部の赤いリボン(紙)はメッセージカードになっています。贈答用の場合裏面にメッセージを書くことができます。

  • 都会の片隅、「ひねくれ猫」が暮らす家具の山ジャケット絵になっていますが、組み立てるとジャケット絵の反対側は高層ビル立ち並ぶ都会の風景。 内側から光を当てると、「夜景」がお楽しみいただけます。

  • 組み立てると蓄音機からこぼれる音楽に耳を傾ける「ひねくれ猫」になります。

  • ジャケット全体が歌詞カードになっています。「しゃべりすぎ」の歌詞は、サウンドにあわせたMOTOWN RECORDSのレコード盤面。それぞれの歌詞を探してみてください。

  • チャーリーパーカー作曲、横沢ローラ作詞の「Confirmation」改め「こんなテンション」、CDはアナログレコード風になっています。溝もあるんですよ。よく見ると「Confirmation」が収録されているアルバム「Now's the time」によく似た...ジャズレーベルVerveの文字?よく見るとLauraと書いてあることに...



Youtubeの手描きPVが好評だった「そういうふうにできている」を、今回のアルバム用にベースやパーカッションを加えてアコースティックバンドバージョンとして再収録。

Youtubeにある、ギターとボーカルだけのバージョンも、映像とともに収録されています。 Youtubeバージョンはこちらで視聴できます。


収録曲「そういうふうにできている」の手書きMV





閲覧数:76回0件のコメント

最新記事

すべて表示

物語の終わり - That's how story ends - Lyrics (conte de fées 宮沢賢治「注文の多い料理店」から)

Music by Hitomi* Lyrics by Laura Yokozawa conte de fées vol.4 「注文の多い料理店」公演のために書き下ろした最後の曲です。 岩手、盛岡出身の父を持つ私は、宮沢賢治さんの本を小さな頃によく読んでいました。 そのころの私(小学1-3年生)にとっては「注文の多い料理店」は怖いお話ではなくて、「風がどうと吹く」「木がごとんごとん」なるという風景や

Comments


bottom of page